読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wab's blog

気やエネルギーなどの状態。と、私事を少々。

2016-2/8(みずがめ座 新月)~のエネルギーなどの状態

【ネオルミナス】Moon Letter みずがめ座 新月

+-+-+-+- 目次 +-+-+-+-+
●みずがめ座新月からおうし座上弦の月
~船の帆が上がる新月、風と時を読む~

●鏡を壊して進むということ

●ネオルミナス お知らせ
・2016年 ビジョンクリエイション占星術
大阪初級セミナー満席、キャンセル待ち受付ます。

 “ルミナ”さんの了解をいただいて転載させていただいています。
今日の今に在る明日(未来)を
星の配置や動きなどから解説くださっています。(全文掲載) 
 ルミナです。
明日2月8日午後23時39分、みずがめ座で新月を迎えます。
今回のみずがめ座新月は 船の帆があがる新月
新しい旅に向かう「船」が立春に完成。
一度、帆をあげて帆の具合と目的地を確認するような新月です。
この新月の願い事は「大きな視点」での願い事から考えて今の個人レベルへ落とし込んでいくのがおすすめです。
11日ごろまで
帆の具合、目的地の確認をしてからは「風」と「時」を読むレッスンです。
船は風が運んでくれる速さでしか進むことができませんし強すぎる風は船を壊します。
一番よい風のときに全力で行く。
「風」を読む力は「時」を読む力でもあります。
それは、「待つ」ことを教えてくれます。
待ちながらも、いつでも旅立つ準備が出来ている状態。
リラックスしているけどすぐに動ける意識の速さがある。
そんなことを意識していく2月。
 
そして、新しい旅は自分の力だけで進もうとするのではなく、風、時、星・・・
この世界のエレメンツ
すべてを味方にしていく。もちろん、それは最終的なこと。
船がボロでは、どんなにいい風が吹いても旅はできませんし
こころに「思い込み(過去の習慣)」があると旅は、新しい創造性を発揮できません。
 
「船」の旅をともにする「こころ」はここまでに過去の習慣との別れを終え、
その「別れ」が形になるのがこの2月~3月になります。
 
また、2月をかけてその船に乗る仲間が決まっていくでしょう。
みずがめ座の象徴するものは箱舟の物語に語られます。
 
みずがめ座の物語
新しい時代をつくる「仲間」を乗せた箱舟。
思いがけない出会いもあるかもしれません。
様々な形の出会いと別れがあるかもしれませんが
全員がベストな配置につくことをどうぞ信頼してください。
 
星たちの動きを見てみましょう。
立春から「天王星」が様々な惑星たちと響きあいながら船を作っています。
8日みずがめ座新月~11日頃まで木星も別の角度から多くの惑星と響きあい、宇宙に帆を広げます。
 
今年の船は「天王星号」と言ってもよいでしょう。
新しい時代にふさわしいみずがめ座の支配星でもある天王星
天王星はトップを走るおひつじ座に入っています。
おひつじ座天王星が革新的にぐいぐいひっぱっていきます。
そこに希望をもたらす木星おとめ座で慎重に帆をひろげています。
11日を過ぎると木星は一度帆をたたみ、再び3月はじめに帆をあげます。
 
さて、この天王星号、
様々な惑星と響き合いますので、この働きが個人にどのように出現するかは やはり様々でしょう。
 
いずれにしてもそれぞれの独自性、創造性をさらに発揮させるための働きでしょう。
宇宙の大きなミステリー(神秘)に包まれながら微細な風の音に耳を澄ますとき。
できることがあるとすれば、わたしたちは自分の船(体や生活の基盤)の点検を今一度しておくことでしょう。
 
新月の瞑想>
<みずがめ座新月キーワード>
<今後の星の動きや暦>
木星逆行中(~5月9日)
2月8日 みずがめ座新月 庚申 GAP
2月10日 マヤ暦 承の城へ
2月12日 甲子
2月13日 一粒万倍日
2月15日 おうし座で上弦の月

f:id:wacag:20151111224044j:plain

━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━
 鏡を壊して進むということ
━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━
前回メルマガで触れた鏡の法則について多くの反響をいただきました。
ありがとうございます。

具体的に鏡を壊すということは どういうことかというご質問を多くいただきました。
これは、それぞれに方法があります。

この方法を知っていくのが人生とも言えるでしょう。
つまり、鏡を壊す方法はあなたでしか見つけられない。
共通することは「主体的」であること。

あいまいな言葉で言えば自分の人生を引き受けること。

鏡の向うへ行く方法はそれぞれの「直感」がもたらします。

鏡に従う生きかたをやめて直感にしたがって生きることは鏡を壊すことのひとつでしょう。

 

直感に従うには自分への信頼がいります。
誰かや何かのせいにはできません。
鏡を見て「判断」している間はネガティブでもポジティブでも他者を基準にしているのと同じです。

 

鏡は「判断」するためにあるわけではなくありのままを「ただ観る」ことに使う。
自分の人生をまるごと引き受けた時、鏡は開かれます。

まるごと引き受けると良い悪いという概念がなくなります。
そうなると、どんな他者と出会っても どんな状況と出会っても関係なく こころは自由です。

たとえネガティブな事象に出会っても自分を責めたりはしません。
喜怒哀楽に素直であり でも、対処するべきことはきちんと対処し、反省することができます。
嫌な人と会ったのは自分のこころのせいだ、素敵な人と出会ったから自分はうまくいっている。

気づけば「自分」「自分」自分しかいない世界に生きている。こんな寂しいことはないと思います。
自分の想念が世界をつくる。
これは、真理とも言えるし真理とも言えない。
生きる世界を創ろうとすると、創った世界を維持できるよう見張るようになる(支配が生まれる)。
そこにエネルギーが使われて創造性に発揮できない。

想念をコントロールする世界から離れることです。
悟り(スピリチュアル)を目指す人はここにはまってしまう。
ここにとらわれないことです。
わたしたちが生きている世界はそんなちっぽけな世界じゃない。
わたしたちひとりひとりが「出会って」この世界があります。

その出会いにこそ この世界の無限の可能性がある。

まるごとの自分は鏡を見るのではなく目をつむってただ観じるといい。
ただ感じてると ただのいのちだとわかる。
いのちだけになるとわかる。
このいのちまるごとで生きればいいだけってこと。

まるごとの自分
全力で生きることをこの世界はそのまま受け止めてくれる。

そのことを実感すると大きな感謝が生まれる。

そこから感謝の世界を生きていくといい。

感謝の世界に生きるということはまるごとで生きるところから始まる。
わたしたちはそこから初めて出会うことができる。

 

次回は「小宇宙と大宇宙について」

質問を受け付けています。

info@neoluminous.com までどうぞ!

━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━

 ネオルミナス お知らせ

━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━
●2016年 ルミナメイン講師による
ビジョンクリエイション占星術 初級セミナー
沖縄募集中、信州残席1席、大阪満席

大阪はメルマガ先行募集で満席となりました。
キャンセル待ちは
info@neoluminous.com
にて受け付けています。

セミナー詳細はこちら
http://neoluminous.com/vc6/vc-course1.html

━━━━━━━━━━━━━
● あとがき ●

立春は、メンバー様と伊勢神宮参拝に行ってきました。

今日のメルマガ長いのでこれで終わりにします。
いつもありがとうございます!!

次回のメルマガは2月15日 おうし座上弦の月にお届けいたします。

ルミナ
─────────────
発行者:ルミナ事務局
メール:info@neoluminous.com
HP:http://neoluminous.com

                          

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品など waca-jhi's diary