読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wab's blog

気やエネルギーなどの状態。と、私事を少々。

2016-2/1(さそり座・下弦の月)~のエネルギーなどの状態

【ネオルミナス】Moon Letter さそり座 下弦の月

 

+-+-+-+- 目次 +-+-+-+-+

●さそり座下弦の月立春からみずがめ座新月
~自分への信頼、新しい夜明け~

鏡の法則、投影、引き寄せの法則について

●ネオルミナス お知らせ

・2016年 ビジョンクリエイション占星術
 大阪初級セミナーメルマガでの先行募集します!

 “ルミナ”さんの了解をいただいて転載させていただいています。
今日の今に在る明日(未来)を
星の配置や動きなどから解説くださっています。(全文掲載) 
 
 ルミナです。
今日2月1日午後12時28分
さそり座で下弦の月を迎えます。
下弦の月は手放しの月。新しい種が蒔かれる新月に向かいスッキリさせるための月です。
今回の下弦の月のポイントは
「完璧主義、怖れなど過去の習慣の手放し」
 
1月前半、2016年創造性を発揮するための「スペース」が完成しました。
それは、新しいキャンバスのようでもあり、新しい船と言ってもいいでしょう。
しし座満月で創造性を発揮する「こころ(精神・エナジー)」の完成となり
春に出航する「船」の出来上がりです。
今は船出の準備期間。
あなたは船に何を乗せますか?
どうぞ、想いを寄せてみてください。
水、食料、本、道具、PC,携帯・・・・
それぞれにいろいろあるでしょう。
あなたはその船に一人で乗りますか?誰かと乗っていますか?
そして、その船にどんな「こころ」で乗りますか?
この2月中はともに航海をする仲間が決まっていきます。
また、3月春分までに
航海に向けて「こころ」の準備が進みます。
航海に必要なこころ・・・。
いろいろなこころがあるでしょう。
最後にわたしたちを旅に向かわせるこころは
使命感であったり、情熱や冒険心、遊び心(ワクワク心)などの前に進もうとするこころかもしれません。
 
使命感や情熱は思いこみ過ぎると深刻になることもあります。
「思い込み」は恐れによって作られます。
これらの思い込みは「習慣」として わたしたちに根付いています。
思い込みはわたしたちのひとつの愛でもあります。
わたしたちは、この「思い込み」によって進むことができるとも言えます。
そして、進んでは
そこまで連れて来てくれたことに感謝(調和・理解)し、思い込みを手放しながら、また次のステージへ移動します。
このさそり座の下弦の月~みずがめ座新月春分前最後の「過去(怖れ)の習慣」の手放し期間となります。
これらの「習慣」の手放しは、ステージが変わるごとに何度も何度もあります。
過去の習慣の手放しは1月中に深層部でありましたので
この2月はそれらが現実化していく期間とも言えます。
 
手放しとは調和のひとつの形ですが
この手放しは人によって個人差があります。
さっさと手放せば楽なのに・・・
と頭でわかっていてもそうは簡単でないこともあります。
でも、それは、悪いことではありません。
そこには強い忍耐力、精神力があること、養われていることをあらわしてもいます。
それは、生命力であり、絆を結ぶ強い力。
さそり座の象徴するキーワードでもあります。
 
最終的にわたしたちが「手放す」ときというのはどういうこころになったときでしょう。
それは、言葉で言えば「大丈夫」「なんとかなる」という言葉かもしれません。
それは、奥深いところで生まれる自分への信頼であり世界への信頼。
さそり座の下弦の月は「手放し」を通じて わたしたちに忍耐力、精神力を養わせながら
絆を結ぶ強い力を、最終的に「信頼」に変容させていきます。
旅に「保障」はありません。旅を支えるのは自分自身への信頼です。
星たちの動きを見てみましょう。
 
節分まで水星と冥王星は重なりながら天王星とともに「思考」の転換をうながします。
火星が冥王星土星とゆるやなかな角度をとりながら天王星とも響き合います。
立春には天王星と火星が
海王星木星以外の惑星と響きあいます。
これは、「船の完成」配置。
8日みずがめ座新月~11日頃まで
木星も別の角度から多くの惑星と響きあい、宇宙に帆を広げます。
大きな宇宙のミステリー(神秘)に包まれている。
立春から11日頃まで、そんな時間に入ります。
下弦の月の瞑想>
<今後の星の動きや暦>
木星逆行中(~5月9日)
2月3日 一粒万倍日 節分
2月4日 立春
2月6日 一粒万倍日
2月7日 GAP(銀河エネルギーが降り注ぐ)
2月8日 みずがめ座新月 庚申 GAP
2月10日 マヤ暦 承の城へ
2月12日 甲子
2月13日 一粒万倍日
2月15日 おうし座で上弦の月

f:id:wacag:20151209220100j:plain

━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━

鏡の法則、投影、引き寄せの法則について

━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━

メルマガ読者様よりいただきました質問にお答えいたします。

「その人はあなたの内面の闇の鏡なんです」

え~?!それってどうなの??!!

これもとても多くあります質問です。

心理学などで「投影」と言われる概念も似ていますね。

引き寄せの法則も同じような「概念」です。

これは、「概念」のひとつです。

概念とは物ごとを理解するためのモノサシのようなものです。

概念は真理ではありません。

この鏡の法則は「二元性」という概念(次元)から生まれた概念です。

二元性に生きるとき、自分を理解する時に役に立ちます。

ただ、この概念のリスクは「自分」という世界から出ないことです。

他者を見て自分しかみていません。

つまり、鏡(幻想)の世界で生きます。

この概念は自分を理解するには有効ですが

この概念を真理として受け取って生きるようになると

ネガティブな事象や人にあえば

自分が悪かったと自分ばかり振り返り、現実を生きなくなります(行動できない人に多い)。

ポジティブな事象や人にあえば自分は正しい道にいる、引き寄せたと考えるようになり

その「事象」を「つくる」ことに一生懸命になります。

それは、引き寄せることに一生懸命になるとも言えるでしょう。

ポジティブサーフィンをするようになります。

このことがコントロール(支配)の世界、もしくは積極的依存であることに多くの人は気づかず、

こころのどこかでは自由ではありません。

スピリチュアル概念の落とし穴でもあります。

この概念を学んだらすぐにここから離れたほうがいいのです。

わたしたちは、様々な事象や人たちと出会いながら何が起きても生きていく強さと勇気とやさしさを身につけていきます。

そして、違う考えの人と出会い、時に息もピッタリに

時に”葛藤”しながら創造性を育んでいきます。

どんなに行いのよい日々を送っても、わたしたちはいつか死にます。

愛する人が亡くなったときに
それはあなたの闇が引き寄せたのよ なんていう人はいませんよね。

鏡の法則は人を諭すための概念ではありません。

自分を知るためのひとつの方法。

鏡の向う側があることを多くの人は知りません。

それは、いのちに溢れる世界。無とも言える。

鏡の概念は関係ありません。

そこには過去生もインナーチャイルドもない。理由や言い訳は存在しません。

自分を知ったら鏡はぶち壊すのがいいです。(笑)

さあ、鏡は壊して前進するときです。

質問を受け付けています。

info@neoluminous.com までどうぞ!

━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━

 ネオルミナス お知らせ

━━*:--☆--:*━━*:--☆--:━━

●2016年 ルミナメイン講師によるビジョンクリエイション占星術

初級セミナー 沖縄募集中、

信州残席1席、大阪先行募集開始!

4月9日、10日開催大阪セミナーの先行募集をいたします。

一般募集は2月7日開始となります。

一般募集になるとすぐに席が埋まってしまう可能性がありますのでお早めに。

セミナー詳細はこちら
http://neoluminous.com/vc6/vc-course1.html

大阪初級セミナーの先行申し込みは
こちらからどうそ。
http://neoluminous.xsrv.jp/yorozuya/order/621734/

大阪での初級セミナー開催は
次回11月以降になります。

━━━━━━━━━━━━━

● あとがき ●

月末はエネルギーメンテナンスの日でした。

名古屋在住、素晴らしいヒーラーのご夫妻

giriさんとマルガさんのサロンです。

http://www.banyantree8.com/

究極の癒しとは「無」だと思っていますが
それを体現しながら観察もできるヒーラーさんってそういません。

毎回素晴らしい施術と心遣いに感動しています。

詳しくはまたブログでご紹介します。

次回のメルマガは2月7日 みずがめ座新月前日にお届けいたします。

ルミナ

─────────────
発行者:ルミナ事務局
メール:info@neoluminous.com
HP:http://neoluminous.com
─────────────

●ルミナメンバーズクラブ【ネオルミナス】へのログインは

http://neoluminous.com/vd/member/

                          

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品など waca-jhi's diary