読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wab's blog

気やエネルギーなどの状態。と、私事を少々。

西洋医学の治療法/斉藤一治さんより

 今日は、株式会社代表でもありNPO法人かむかむ畑の代表をしていらっしゃる斉藤一治さんの投稿文を紹介させていただきます。知らさせれていないこと、沢山教えていただきましょう。

 

西洋医学の流派には、心理療法(サイコセラピー)、整骨療法(オステオパシー)、自然療法(ナチュロパシー)、同種療法(ホメオパシー)、逆療法(アロパシー)の5種類がありました。

今日は、その一つであるアロパシー(Allopathy)だけが「西洋医学」となり、これ以外の流派は「非合法」となっています

当初、アロパシーは「逆療法」と、まともに訳されていましたが、現在は「対症療法」と偽訳されています。

つまり日本では、合法的な医学と言えば「対症療法」(アロパシー)であり、これ以外のものは原則として「非合法」であり、最近は代替医療」と言われています。

アロパシーとは「病気の症状とは逆のことをやる」と言う意味です
つまり、
血圧が上がれば、下げる方法を考える、
熱が上がれば、下げる方法を考える、
咳が出れば、止める方法を考える、

単純そのもので、恐ろしく幼稚な療法です。

何故、血圧が上がり、熱が上がり、咳が出るのかを全く、考えないものです。

簡単な例を風邪で見ていきましょう。

風邪の症状は、 
熱が上がります:これは体温を上げて、悪い細菌を殺菌しようとしています、
咳・痰が出ます:これは、体内の悪いものを排出しようとしています、
つまり、風邪をひきますと、自然治癒力が作動して、治癒するための活動(症状)が自然に発生してきます。

ですから、このまま、殺菌活動・排出活動を継続していけば、風邪は根治されます。
そのためには、自然治癒力を高めてあげれば良いのです。

あらゆる病気の症状は、この自然治癒力の発生です。 

しかし、アロパシーは、この自然治癒力に逆らい、
熱を「解熱剤」で下げ、
咳を「咳止め剤」で止めてしまいます。

そうしますと、一時的に症状が和らげられますので、患者は「治癒した」と錯覚します。
実際のところ、細菌は体内に残り、異物・毒物は排出されないまま残留していますので、いずれ、再発したり、他の病気に罹病することとなります。

さらに、折角、発動した「自然治癒力」の活動を阻止してしまいますので、自然治癒力が少しずつ低下していきます。これが、新たな「病気」に繋がります。

つまり、アロパシーは、自然(治癒力)に逆らい、自然治癒力を低下させ、次から次へと病気に罹病するという悪循環を作り出します。 

しかし、アロパシー・医療側にしますと、この「悪循環」こそ、患者を「固定客」にしてしまい、「一粒で2度も3度も美味しい」商売そのものです。

ですからアロパシーを偽訳した「対症療法」は、
「単純」「幼稚」というようなものではなく、
病気を治癒したような錯覚を与える「詐欺」であり、
病気を根治できるような「幻想」を与えるだけです。

最早、医療とは、とても呼ぶことができない代物です。

この「詐欺」「幻想」こそ「拝金主義」「商売」へと直結していきます。

ここから患者側は「対症療法」の限りを尽くして治療してもらっても、「治癒しないもの」は、もう諦めるしかない、
「対症療法」が「難病」と判断した病気に罹病した場合も諦めるしかない、

そして、この延長線上で、必然的に、がんは「死亡に限りなく近い病気」という「幻想」を与えられ、これに呪縛されてしまいます。
がんに罹病したら、死ぬのが当然であり、手術が成功しただけでも有り難いことだ…となってしまいます。

しかし、実際は、あらゆる病気の症状は、風邪の例で見たように、自然治癒力の発露、つまり、治癒しようという活動(工程)ではあります。

治癒しようとして自然治癒力が働き、熱が上がり
治癒しようとして自然治癒力が働き、咳が出て
治癒しようとして自然治癒力が働き、痰が出て  
治癒しようとして自然治癒力が働き、血圧が上がり、

そして               
治癒しようとして自然治癒力が働き、がん細胞ができます。
 つまり、がん細胞は汚れた血液を浄化する有りがたい感謝すべき細胞です。

これらの症状を「攻撃」することは、
自然治癒力を低下させるだけではなく、
自然そのものに対する攻撃であり、
自然の一員に過ぎない「人間の生命」を奪う破壊行為ではあります

このように「アロパシー・逆療法」は、
「対症療法」と偽訳され、
「医療」を詐称して、
自然治癒力を低下させ、

自然に逆らい、
自然を破壊し、
自然を征服するという不遜な「西洋」の本質を象徴しております。

まさに、自然に対する冒涜であり、暴力であり、
生命の尊厳に対する冒涜であり、暴力です。
決して、こんなものは医学・医療とは言えない代物です。

このようなものが、今日、医学・医療界において、合法なるものとして独占的な権力を行使しています。
「悪魔の成せる商行為」としか言えません。

あらゆる生物は、自然に、従順に共生することでしか、その生を謳歌することができません。

日本列島では、古来、自然に従順であり、他の生物・生命と共生してきた人たちが住んでおりました。
「地球は広い」と言いますが、この名残りを認められる破滅途上国(先進国)は、日本だけです。
これが世界に誇る日本の伝統です。

あらゆる生命は、自分の命は自分で守ります。

自然そのものであります私たちには、自然治癒力があります。
自然治癒力があるから生命です。
自然治癒力を信じましょう。

万能の神に似せて創られた、本当の自分を知り、それに感謝申し上げましょう。

本当の自分を愛しましょう。

お陰様で

______________


  《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary