読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wab's blog

気やエネルギーなどの状態。と、私事を少々。

根昆布(⇔人遺伝子) の昆布について。

私たちの遺伝子にとって、取り巻く状況は日に日に憂いを増すばかりになっています。

 

過日の 根昆布(⇔人遺伝子)に続けて書きます

この昆布は産地の日高地方の、現地で「シオコシ」とか「潮干し」と呼ばれている自然種(自生)の昆布です。
その中でも特定の区域でとれるものが良いということですが
私たちは特定区域にはこだわらず、北海道産地潮間帯と呼ばれる場所で自生する天然のシオコシを取り寄せています。
これは湾内沖合いでネットなどで作られる真昆布とは異なります。
 
潮間帯とは、干潮時には海藻の根元まで露出する遠浅の岩礁帯のことを言います。
そのような過酷な条件で育った昆布は
普通の真昆布と比べて空中の湿気を非常に早く吸う特徴があります。
またこの種類は、一般に料理用に使われる板昆布でもコシがあり美味しいもので
直接かじっても美味しいですよ。
 
ただ、これは種の保護のために
毎年7月中旬以降の限られた時期や期間しか採取はできません。
そのため毎年7月になると希望者の数を募ってまとめ、一括して現地から購入しています。
 f:id:wacag:20150920204423j:image
その「シオコシ」をいただくのですが、
お料理の解説などを見ると
根昆布は水に浸して一晩おいてから、などということも見かけました。
 
確かにダシや風味の意味ではこの方法が良いのかもしれませんが、
 
この必要成分を有効に摂るには
根昆布をまず、粉~粒状に砕きます。
 
それを水に浸して後15分経過後~30分までの間に、入れた昆布と一緒に飲みます。
 大人一人辺り一日に計量茶さじで一杯分を、コップ一杯の「水」に入れるのが目安です。
 コップにこの粒粉を入れて水を加え、スプーンの先がコップ底の角部にもよく当たるようにかき混ぜ、15分~30分後の飲む前に再度同様にかき混ぜてから飲んでください。
かき混ぜ方が足りないと粉が小さな団子状に固まって飲みづらくなってしまいます。
 また厳寒期には水を少なめにして濃いめに造り、飲む直前にお湯を加えてかき混ぜると良いですよ。
 
昆布には目的の栄養素以外にヨードが含まれていますから
それ以上は取らない方が良いということですので分量には気をつけてください。
 
中にはお腹の具合が良いからと何杯も飲んでしまったという方もいましたが、
それは避けた方が良いです。
 
また、これは夕食後~就眠までの時間帯は避けて
食間の空腹時や食事の前が良いですよ。
 私は朝の歯磨き前に準備して、歯磨きなどが終わってから飲んだりしています。
f:id:wacag:20140118150858j:plain
 
勿論ティースプーン一杯/コップ一杯分の浸漬水は、最も良い摂り方ですが
面倒な方は料理の汁物などで摂ってもフコイダンは摂れるでしょう。
 
オイルドレッシングなどに混ぜて野菜などにかけても美味しいですよ。
 
また、粉や粒にできないという方でも、
取り敢えずは上記を目安に三角のまま、だし汁などでいかが?。
 
適度の膨満感もあるのでダイエットの食事制限している方にも良いかもしれません。
 
補足:
ご家庭で砕く場合は家庭用のミルサーなどは避けた方が良いですよ。
 
私も試しにやってみたのですが、一台を使えなくしてしまいました。
もし自分で作るのでしたら大型の「大豆や根昆布でも大丈夫」という製品を使うのがよさそうです。
そこまでして、、、と思うようだったら、植木などを切る鋏で細かく切ります。
 
私たちは根昆布を粒状に砕いてくれる工場にお願いして
特定の大きさに砕いてもらっています。
 
関連記事は   :   牛蒡(⇔人遺伝子)    根昆布(⇔人遺伝子) 
 -----------------------------

グルタミン酸の糖尿病への影響が報告されたばかりですが、

以下のような記事もありましたので補足で紹介します。

ただし、これは板昆布についての記事になります。

f:id:wacag:20141022112530j:plain

水を変えるだけで脱メタボ!自炊派が絶対ハマる「昆布水」のススメ | 糖尿病の食事.com

 -----------------------------

《食⇔体をもっと知ろう》の一望は waca-jhi's blog 

 彦根市の漆工芸家 坂根さんの作品の一望は waca-jhi's diary