読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wab's blog

気やエネルギーなどの状態。と、私事を少々。

終戦の祈念

今の世の善悪は 所詮は人間の方便。百人寄れば百個の正義がある。

そんな狭小な正義の矛を振りかざすより、しつらえるより先に この事実を自身の全ての細胞に刻みつける。
 2012年から毎年8月に、内容を更新しながらSNSに投稿しているものです。
一。
強く噛んだ自身の唇からは、歯で止められて血も出ない。
弟の亡骸を背負ったまま、別れを告げる。
全身に満たされているのは、悲しみも怒りも通り越して
深くから突き上げてくるもの。
 
これこそが今の日本の原点ではなかったのか。
 
日本、いや世界のすべての人、
この絵を心に刻みつけておいてほしい。
 f:id:wacag:20130929224337j:plain
 (NHKは自動的に日数経過とともに削除されますがDailyMotionさんがB.U.して下さっていました)
一。
戦後70年近くを経て、民主主義が定着していると「言われて」いる。
 
私やあなたが、
殺してしまった方の家族や国民、国魂を前にして 一切の自己弁護なく、
 
戦勝国の絶対権力者に一人で対峙した 昭和天皇
発したと同じ言葉を発することができるだろうか。
 
少なくとも戦争責任において、全ての日本人、
否、全ての人はこの責任を負う。
 
民主主義とは。を今一度考えましょう。
                   
お断りしておきますが私は国粋主義でも共産主義でもありません。
また「左」でも「右」でもありません。
 私たち一人一人のあり方を、陛下は身を以て示して(以下)くれているといえるのではないのかと思います。
 
マッカーサーの予想を違えて昭和天皇は、
 
日本国天皇はこの私であります。戦争に関する一切の責任はこの私にあります。私の命においてすべてが行なわれました限り、日本にはただ一人の戦犯もおりません。絞首刑はもちろんのこと、いかなる極刑に処されても、いつでも応ずるだけの覚悟はあります』  
                   
「右『か』左」かの次元の低い一人一人の想いが国や集団の、欺瞞の洗脳や扇動に乗る原因になっているのではないですか?。
 
ひふみ神示 第23巻 |三の巻、第五帖 (太陽出版 コスモテン・パブリケーション)より
今日(こんにち)までの御教は、悪を殺せば善ばかり、輝く御代が来ると云ふ、これが悪魔の御教(みおしへ)ぞ、この御教に人民は、すっかりだまされ悪殺す、ことが正しきことなりと、信ぜしことのおろかさよ、三千年の昔から、幾千万の人々が、悪を殺して人類の、平和を求め願ひしも、それははかなき水の泡、悪殺しても殺しても、焼いても煮てもしゃぶっても、悪は益々ふへるのみ、悪殺すてふ其のことが、悪そのものと知らざるや、・・・・
                   
 

 《食⇔体をもっと知ろう》は

waca-jhi.hatenablog.com

彦根市の漆の工芸家、坂根龍我さんの作品や
大阪の難病克服支援センターさんの転載記事は

waca-jhi.hatenadiary.jp